IKEA Foundation

Close

希望の5つの声

IKEA Foundationウィークで、希望の声を聞こう。1週間のイベントプログラムでは、オンラインアクティビティに参加したり、世界中の家族や子どもたちに明るい未来をもたらしているIKEA Foundationの取り組みに関する話を聞くことができます。詳細は、ここをクリックしてください。

Play video

緊急事態のための希望の声

Merveilをご紹介します。彼は世界を変えたいと願う「国境なき医師団」の職員で、コンゴ民主共和国の出身です。Merveilは子どもの頃、武力紛争の被害者でした。現在彼は、僻地に住んでいることが多い弱い立場の人々に医療援助を提供する人道的組織で、ロジスティックススーパーバイザーとして働いています。

Play video

再生可能エネルギーのための希望の声

再生可能エネルギーの助けを借りて、自分と家族の明るい未来が見えるようになったインドの女子学生、Spoorthiを紹介します。Spoorthiは、SELCO Foundationが再生可能エネルギー電源を設置した村に住んでいます。同団体はIKEA Foundationの支援を受けており、人々が自らの手で明るい未来を切り開くための活動を行っています。

Play video

サステナブルな農業のための希望の声

Evelynをご紹介します。彼女はケニアのコーヒー農家で、農家自身と彼らが耕す土地にとってサステナブルな未来を実現する活動に取り組んでいます。Evelynは、IKEA Foundationが支援しているRainforest Allianceからトレーニングを受けました。同団体は、農家がサステナブルな栽培方法を用いて景観を回復および保護すると同時に、収入を向上させることができるよう、支援活動を行っています。

Play video

きれいな空気のための希望の声

Janeをご紹介します。誰もがきれいな空気を吸えるようにすることを使命する大気汚染削減活動家です。Janeは、IKEA Foundationが支援するClean Air Fundの創設者であり、世界中のコミュニティの大気の質を改善するために活動しています。

Play video

難民のための希望の声

16歳で戦火のイラクを脱出した元難民のAyaを紹介します。Ayaは現在、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の若者代表を務めています。彼女のような人々が明るい未来を切り開くことができるよう、IKEA FoundationはUNHCRはを支援しています。